社長ブログ

太陽光発電は、太陽光パネルだけじゃできませんよ。

太陽光パネルの世界も、無色透明のガラスに、紙に、屋根に載ってる太陽光パネルに、実用化できるできないにかかわらず、その世界も幅広いです。

実用化できるできないの判断基準も難しいもので、コストも大事ですが、他にも超えなきゃいけないハードルが山ほどありますので、ホント先の長い話です。

transparent-solar-concentrator-developed

さて、本題ですが、太陽光発電の案件でお客様とお話ししていると、やたらと太陽光パネルのメーカーについてこだわっている、或いは違いを求めている方が多くいらっしゃいます。

それはそれで確かに重要なのですが、どれだけ技術革新が進み、太陽光パネルだけが進化しても、この業界に横たわっている根本的な問題を解決しない限り、永遠に皆さんが心の中で思い描いている理想的な未来はやってきません。

日本の電力業界における問題点は、先のブログで書いていますので、こちらでは太陽光発電“システム”における問題点について、一点だけ書きます。

いわゆる「パワコン」です。

太陽光発電は、太陽光パネルだけでは成り立ちません。
一般的には、生成された電気をケーブルを介しパワコンへ送るのですが、今度はそのパワコンからお家の配電盤へ電気が出てきます。

そのパワコンから出てくる電気が問題なのです。

「高調波」とか言うと脳みそシャットダウンされる方も出てきちゃうので、要はパワコンから出てくる電気は汚く害を及ぼします。今、全国各地で住宅の屋根やメガソーラーなどで使われている物はほとんど害を及ぼします。

どこに?

例えば住宅で言うと、せっかく高額はたいて買った家電がそうです。
人体にも影響が出るかもしれません。

医療機器メーカーの出しているパワコンだからって、良いものとは限りません。

「東証一部に上場してるから安心!」とかいう幻想に惑わされないでください。

本当に太陽光発電を主としたエネルギー改革を進めるには、この問題は避けては通れません。
そして、実現するためには、今出回っているパワコンより遥かにコストがかかり、絶対的に性能が違うものが必要になります。

いつの時代からか、「安くて良いものを」求める世の中になりました。
安くて良いものなど、しょせん幻想にすぎず、そんなものは存在しません。

高度成長期からバブル崩壊、不景気と言われ、人々の価値観は振り回され続けています。
「元を取る」考えも同様です。
そんな考えで、本当にメリットがあるものは存在しません。

お金に関するライフプランニングを大事にされるように、
物選びや何にお金をかけるかも、ライフプランの一つです。

しっかりとした目で、選んでいただきたいです。

URL
TBURL

コメント欄

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top