電気について

4月から電力会社が選べるようになりますね

4月から電力会社が選べるようになりますね

2016年に入り、各メディアではこの4月から始まる「電力小売り自由化」の特集が始まりました。

「電力小売りの自由化」とは、つまり私たちが日頃使っている電気を購入する会社を、自由に選べるようになる。という事です。

それと共に、電力小売りに参入する企業も続々と発表されていますね。

 

自由化されるので、マーケットが活気づいて、電気代の価格競走も起こり、これから電気代が下がるのではないかと期待が膨らみます。

でもここで冷静に一考、電気を買う側・売る側それぞれにメリットばかりなのか?本当に大丈夫か?

と検討してみる必要がありそうです。

あまり長くなるといけないので、何回かに分けて検証していきますね。

 

このブログの趣旨の通り、答えを書いちゃうのではなくて、皆さんにもご自身で調べて考えていただき、答えを導き出していただきたいので、色々検証するにあたり、基本的に持っておいていただきたい視座について書きます。

◆電気を送り届けるしくみ

【3月まで】発電 × 送電 × 配電 = ご家庭へ

【4月から】発電 × 送電 × 配電 × (新電力会社は送電預託料金) = ご家庭へ

発電源からご家庭に届くまでの間に、どのようなルートを通るのかは過去のブログにも掲載しておりますので、そちらをご確認いただきたいのですが、

Q.さて上記のしくみの中で、発電源はどこの会社(あるいは誰が)やるのでしょうか?

Q.送電はどこが?配電も誰がやるのでしょうか?

Q.送電の預託料金て何だろう?預託料金の中身って何?

◆電気料金のしくみ

calculate
電気料金の計算方法。出典:北海道電力

複雑怪奇なしくみでお家の電気料金は決まっているのですが、次回以降この基本的なしくみを踏まえた上で、電気を買う側・売る側の視点で検証していきます。

URL
TBURL

コメント欄

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top