ごぞんじですか?「電気のながれ」

2015.05.14 ブログ 管理人

皆さんが買われている電気、
どこから来てるか知ってますか?


そりゃ、火力や水力や原子力発電所からなんですが、
どういう風に皆さんの元へ送られてきているかが問題です。


ここはあっさり答えを言います。
↓こんな感じです(図をクリックすると拡大されます)。

参照:電気の通り道 発電所からご家庭へ(関西電気保安協会HPより)


ここで皆さんには、
いくつかの観点で見ていただきたいポイントがあります。


①東日本大震災の福島原発事故のように、
図の左側、いわゆる川上で電気が作れなくなったら、
 川下の住宅や病院などに来るはずの電気はどうなりますか?


②川下へ十分な量の電気を流すには、
 川上の発電所では大量の発電が必要ですが、
 もし、川下へ流れて行った電気が使われなかった場合、
 その電気ってどうなるか知ってますか?


③皆さんのご自宅では、
「40A(アンペア)」や「60A(アンペア)」などで契約して、
 電気を買われてると思いますが、
 その40Aや60Aを決められている判断基準って何ですか?


ちょっと考えてみてくださいね。
改革は、ちょっとした当たり前と思っていた点に対して
疑問を持つことから始まります。


③の答えがあっさり出てきた方。
例えば、
40Aでは足らないときもあるかもと思い
60A契約にすると決めたご家庭でも、
実際のところ60Aは「とある瞬間」に必要なだけで、
普段はそこまでの電気は要りませんよね。
でも来ちゃってるんですよ。
(不要分の)電気が。すぐそこまで。
不要で使われなかった電気はどうなるのでしょう?


何が言いたいかというと、
脱原発だの反原発だの言ってるだけではなくて、
すぐにやれることはいくらでもありますよ、ということ。
政府のせいにしないで、
自分たちができることをまずやりましょう、ということです。


主役はあくまで自分たちです。

お問い合わせ

独立電源システム「パーソナルエナジー」、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギー設備についてのお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームからお願い致します。

※弊社では、設備や施工工事の「費用見積のみ」のお問い合わせには対応しておりません。(見積一括比較サイト等への掲載登録もお断りしております)