オフグリッドにこだわる理由

2017.10.30 オフグリッド 管理人

直流と交流。

いやいや、理科の授業ではないので、最後までお付き合いください。

 

我々がオフグリッドにこだわる理由の一つ。

それは直流発電、直流送電にあります。

 

火力にしろ原子力にしろ、現在は交流の発電が主流で、すべての発電所からの送電もも交流です。これは、電気の使用量の増加と遠方への送電では電圧が下がってしまう直流発電、直流送電の構造的欠陥が大きな理由です。

 

今から135年前、偉大な発明家であり起業家であったエジソンは、ニューヨークのど真ん中に発電所を建設しました。世界で最初の発電所です。エジソンの発電所は直流発電。

後にウェスティングハウスとの「電流戦争」に敗れ、以来世界の主流は交流発電、交流送電になります。

ちなみに、当時エジソンに交流発電機、変圧器、交流電動機等を発明し、直流方式の問題を交流方式で解決しようとエジソンに提案した従業員がいます。その名はテスラ。

 

しかしながら、現在主流の、遠くの発電所からの交流送電には電力ロスが大きく、管理も大変、つまり維持管理にとてもお金がかかります。

また阪神淡路大震災や東日本大震災で露わになった送電網の脆弱性が大きな課題です。

 

そこで我々は、エジソンの雪辱を果たそうって訳ではないですが、直流発電、直流送電によるオフグリッド、スマートグリッドの構築が一つの解決策になると考えています。

 

直流発電、直流送電には電力ロスを少なく供給できるメリットがあり、遠くに届ける必要がなければ、わざわざ交流に変換する必要もありません。ましてや、遠くの発電所から送電してもらう必要もありません。かつ、質の良い電気が安全に、そして安定的に供給できれば言うことありません。

 

そこで、パーソナルエナジー。

実際、毎年5月下旬に愛知県豊田市で開催される『橋の下世界音楽祭』は、パーソナルエナジーによって本祭り丸々三日間完全オフグリッドで開催。そして、高圧直流送電も実現しています。

 

たかがお祭り、されどお祭り。

『橋の下世界音楽祭』では、世界最先端の技術を体験することができます。

お問い合わせ

独立電源システム「パーソナルエナジー」、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギー設備についてのお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームからお願い致します。

※弊社では、設備や施工工事の「費用見積のみ」のお問い合わせには対応しておりません。(見積一括比較サイト等への掲載登録もお断りしております)