医用電気システム専用電源 PE-0601

医用電気システム専用電源PE-0601とは?

offgrid_iyoy01医用電気システム専用電源OE-0601とは、定周波数、定電圧、高出力、長時間稼動、長期耐久性を実現する画期的な「常時安定化電源」です。
万が一の停電時や瞬停など、電力会社が供給する電気の質が劣化しても、常時整流化された高品質電力を供給。電圧や周波数変動に弱い医療機器類の電源として最適です。
また、非常時においては、商用電源に比べて電気の質が劣る非常用発電機の電気を安定させ、非常電源が動作しない場合でも大容量バックアップ電源として稼働し、止まらない医療を実現する画期的な電源です。

医用電気システム専用電源PE-0601-特長-

>> 医用電気システム用常時インバータ方式で「高品質の電気」を常時供給
医用電気システム用常時インバータ方式採用。JIS T 0601-1に準拠した医用電気システム専用電源として、電子カルテなどのコンピューター、サーバーや無影灯、画像診断装置、保冷庫などに最適な高品質の電気を常時供給します。
>> 大規模〜小規模までカスタマイズ対応
大規模な病院から小規模な病院まで、電気負荷に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。
>> 長時間バックアップ機能
高性能リチウムイオンバッテリーが、24時間、72時間など、ご要望に応じたバックアップ時間を実現します。
>> 非常時だけではない常時安定化電源で「止まらない医療」を実現
突然の停電でも、高品質な電気を継続してお使いいただけます。安定化した電源をバッテリー経由で常時供給する無瞬停電源として、止まらない医療を実現します。
>> 安心の10年保証
消耗が懸念される蓄電池部分は、メーカー独自の「CHG出力10年保証(無償)」にて対応。さらに、機器10年・自然災害10年・出力20年の保証をセットにしたオールリスクパッケージ(有償)も導入し、長期にわたる「安心」をご提供します。
>> 税効果(生産性向上設備投資促進税制等)
本製品は、生産性向上設備投資促進税制により、即時償却、または、最大5%の税額控除が適用可能です。また、太陽光発電設備を併設した場合、平成28年度再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業(仮称)対象のシステムとなり、導入時のコストを抑えることが可能です。

医用システム専用電源が必要な理由

停電の増加と電源品質の低下
パワーエレクトロニクス応用機器の普及、電気自動車の急速充電器の増加、電力系統においては大型アーク炉、大型整流器など不平衡負荷の増加、太陽光発電などの再生可能エネルギーの連系増加など、電力系統の複雑化によって、近年は電源品質の低下が指摘されています。pl-soudensen
電源品質の低下は、受変電設備の障害や電子制御機器の誤動作などを引き起こします。特に医療機器にはさまざまな電子部品が使用されているため、静電気ノイズや電源からのパルスノイズなどが混入すると、機器が誤動作を起こしたり、停止する可能性があります。
「医用電気システム専用電源PE-0601」は、医療機関の電源確保と質の向上を目的として開発した安定化電源です。空気清浄機や浄水器が空気や水をきれいにするのと同じで、「医用電気システム専用電源PE-0601」は電気の品質を最大限に高めることができ、医療機関の電源として最適です。

自家発電装置の課題offgrid_iyoy02
万一の停電時には、自家発電装置(非常電源設備)の利用を考えられている医療機関は多いと思いますが、自家発電装置には(1)燃料の確保(2)メンテナンスの必要性(3)立ち上がり時間への対策(4)電気の質の確保と4つの課題があります。
また、「無停電電源装置・UPS」を使用されているケースも多いと思いますが、UPSでは電源の長時間維持ができません。
これらのすべての課題を解決し、止まることなく、電圧・周波数が安定し、長時間稼働する電源が、「医用電気システム専用電源PE-0601」です。

医療機関のブランディングに寄与
(1)電源喪失による損害・機会損失の低減 、(2)電源品質向上による電子機器寿命の延長、(3)高品質な電気供給による情報機器の精度向上、以上を実現する電源である「医用電気システム専用電源PE-0601」は、「止まらない医療」を地域に提供することを可能にします。
このような電源を確保しておくことは、「医療介護総合確保推進法」により2016年4月から策定される地域医療構想の貴医院のブランディングにも必ず寄与します。

医用電気システム専用電源PE-0601-システム図-

offgrid_iyoy03

病院での設置例

>> 設置例1:小児科クリニック
iyou-jirei1全館オフグリッド、標準3kW出力、3.3kWh電池容量で標準3kW×4式、増設BAT16ユニット×2式を設置
空調機器 6kW/照明機器 2kW/事務機器 3kW/レセプト関連機器 1kW/診療機器 1kW/その他設備機器 1kW

→晴天時は連続無停止で電源供給(太陽電池9kwの場合)。雨天・夜間時、全館供給最大5時間

>> 設置例2:手術室(胃腸科外科)
手術室
全館オフグリッド、標準3kW出力、3.3kWh電池容量で標準3kW×4式、増設BAT16ユニット×2式を設置
手術用無影灯 300W/モニター 20W/パルスオキシメーター 30W/ビデオシステム一式 300W

→合計650Wで約5時間稼動が可能

>> 設置例3:手術用無影灯
手術用無影灯
全館オフグリッド、標準3kW出力、3.3kWh電池容量で標準3kW×4式、増設BAT16ユニット×2式を設置
最大照度(Ec)160,000 Lux/消費電力100〜400VA

→10時間稼動が可能

>> 設置例4:培養室・薬品保冷庫
培養室・薬品保冷庫
全館オフグリッド、標準3kW、増設BAT16ユニットを設置
バイオメディカルフリーザー80W/CO2インキュベーター400W

→約36時間稼動が可能

医用電気システム専用電源PE-0601-仕様-

基本動作概要
本装置はJIS T 0601-1に準拠した医用電気システム専用電源として、慧通信技術工業株式会社が指定するリチウムイオンバッテリーへの充放電およびインバーターに接続し、使用するものとする。本装置は、バッテリーからの残量、ステータス、アラーム等の信号およびインバーターからのアラーム等の信号をSimple Network Management Protocol(SNMP)により通信する機能を有する。

安全規格
リチウムイオン電池単電池:UL standard UL1642
※当製品使用単電池の体積エネルギー密度が258Wh/1のため、当製品は電気用品安全法で規制される単電池あたりの体積エネルギー密度400Wh/1以上のものに該当しないため、電気用品安全法対象外です。
VCCI Class B準拠/FCC Part15-B Class B準拠/EN55022 Class B準拠/IEC61000-3-2準拠/IEC600950

システムの構造
本製品は、BMSユニットおよびインバーター、リチウムイオンバッテリーと、これらの装置を収納するEIA規格準拠のシステム専用19インチラック(PE-15U)によって構成されています。システム専用19インチラック(PE-15U)は最大上下2段/左右4代まで増設可能です。

構成と寸法

>> 寸 法
【外形寸法】W600mm×H800mm×D700mm
【質  量】約180kg
>> 一般条件
【動作周囲温度】0~45℃
【動作周囲湿度】30~85%RH ※但し、結露無きこと
【保存温度】  -20~70℃ ※但し、熱衝撃は不可
【保存湿度】  10~85%RH ※但し、結露無きこと
>> AC入力定格
【定格入力電圧】AC115〜230V
【定格入力電流】12〜6A(1回路あたりシステム最大6回路並列)
【入力可能電圧】AC85~264V
【定格周波数】50/60Hz
【周波数範囲】47〜63Hz
【相  数】1φ
>> DC入力定格
【入力可能電圧】DC150〜300V
【定格電流】6A(1回路あたり最大6回路並列)
【最大出力電流】22A
【起動電圧】DC80V
>> AC100V出力定格(標準システム)
【定格電圧】AC100または110、115、120V(発注時設定)
【電圧整定精度】定格電圧±3%以内
【周波数】50Hzまたは60Hz
【周波数精度】定格周波数±1%以内
【電圧波形】正弦波
【電圧波形歪率】3%以内
【相  数】1φ
【最大出力電力】3000W
【サージ電力】6000W
>> AC200V出力定格(発注時設定)
【定格電圧】 AC200または220、230、240V(発注時設定)
【電圧整定精度】 定格電圧±3%
【周波数】 50Hzまたは60Hz
【周波数精度】 定格周波数±0.05%
【電圧波形】 正弦波(歪率3%以下)
【相 数】 1φ
【最大出力電力】 3000W
【サージ電力】 6000W
>> リチウムイオンバッテリー定格
【使用セルタイプ】US26650FTC1
【安全規格】UL standard UL1642(リチウムイオン電池単電池)、UL standard Subject 1973、EN61000-6-2、EN61000-6-3、EN62311、FCC Part15 B Class B、SBA S1101、EMC Doc
【定格容量】1.1Kwh/22Ah(システム最大16並列)
【標準システム容量】3.3Kwh(システム最大17.6Kwh)
Return Top