オフグリッド型ハイブリッド給湯システム「ECO ONE SOLAR」2019年12月9日発売開始

2019.12.09 ニュース オフグリッド 管理人

いよいよ情報解禁です!

「東日本大震災から9年が経っても、一向に減らない家庭の消費エネルギー。その大多数がお風呂や洗い物に使う給湯。この部分だけでもオフグリッドできたなら、日本のエネルギー需給の構造が変えられるかもしれない。」

「今は安いかもしれない、電気やガスを、このまま使い続ける未来では、原子力発電もCO2も、減るわけが無い。」

「今まで供給者の都合で押し付けられてきたエネルギーを、消費者自らが作り出すことができたなら、きっと未来は変わるはず。」

「今回、その選択肢を私たちは示してみた。一般家庭でも導入できる費用に抑えることもできたと思う。毎日使うお風呂が、未来を変えるかもしれないと検討してもらえたらうれしい。」

~ ECO ONE SOLAR 開発者 ~

❒エコワンソーラー特設サイト
https://ecoone.jp/

パーソナルエナジーの生みの親 慧通信技術工業株式会社の「オフグリッド技術」と 、ガス機器最大手 リンナイ株式会社の「省エネ技術」がコラボ。

オフグリッドとは、グリッド(網)からオフした(離れた)、つまり電力会社などのエネルギー供給会社から独立して単独で機能する2010年に生まれたシステムです。慧通信技術工業のオフグリッド技術は、防災無線局や病院、橋梁など、電力が途絶えると大きな問題となる場所で日々安定した電力を供給するために使われています。

リンナイ製「ECO ONE」は、ガスと電気のヒートポンプを組み合わせた世界初の家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムとして2010年に誕生しました。電気でお湯を沸かす「ヒートポンプ」と、そのお湯を貯めておく「タンク」、追い焚きや大量のお湯を使う時にサポートする「ガス給湯器(エコジョーズ)」の3つのユニットで構成されています。

今回発売する「ECO ONE SOLAR」は、時を同じくして誕生した「省エネ」を実現する両社の装置が、その誕生以降に発生した東日本大震災や台風などの大きな災害を経て、毎日の暮らしを安心して過ごし、エネルギーを浪費しない社会への契機となることを目指しています。

●停電対策ユニットを標準設置
「ECO ONE SOLAR」は、自然災害などで電気もガスも供給されなくなった状態でも、お湯はりやシャワーの使用が可能です。また、冷蔵庫とトイレの電源も自動でバックアップいたします。

●中小企業経営強化税制の適用可能
法人税について、即時償却または取得価額の10%の税額控除が選択適用可能です。
※個人事業主の場合には所得税
※資本金3000万円超1億円以下の法人は7%
❒中小企業等経営強化法に基づく 支援措置

 

お問合せやご質問は下記専用サイトより受け付けております。
❒オフグリッド型ハイブリッド給湯システム「ECO ONE SOLAR」専用サイト

 

当社は、東海3県(愛知・三重・岐阜)を担当いたします。
皆さんの、選択と投資が未来を創ります。お問合せを心よりお待ちしております。

2019年12月9日
株式会社Re
代表取締役 髙橋聡一郎

お問い合わせ

独立電源システム「パーソナルエナジー」、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギー設備についてのお問い合わせは、
下記お問い合わせフォームよりお願い致します。

※弊社では、設備や施工工事の「費用見積のみ」のお問い合わせには対応しておりません。(見積一括比較サイト等への掲載登録もお断りしております)