産業用オフグリッド

コスト削減・BCP対策・省エネに。

産業用オフグリッドシステムとは、完全自家消費型の太陽光発電システムのことで、
電力の基本料金を削減するとともに、温室効果ガス排出総量削減が可能な、持続可能性の高いシステムです。

改正省エネ法の施行により、平成27年度報告分(平成26年度実績分)から、新たに「電気需要平準化評価原単位」が策定されました。
自家消費型太陽光発電システムは、この電気需要平準化時間帯に発電するシステムであることから、
今後、改正省エネ法における「電気需要平準化評価原単位」の低減に大きく寄与することが期待できます。

また、パーソナルエナジーの採用により、中小企業者等投資促進税制による特別償却により、
設備一式の取得価額の全額を償却(即時償却)することができる経済的にもメリットの大きいシステムです。

削減効果

費用比較

※システム設置容量40KWの場合

  • 全量買取制度FIT

    システム単価約25万円/kW
    年間発電量平均約40,000/kWh
    設置費用約1,000万円
    年間売電収入約108万円
    投資回収年数約9.25年

  • 産業用オフグリッドシステム(即時償却)

    システム単価約45万円/kW
    年間発電量平均約72,000/kWh
    設置費用約1,806万円
    年間電気料金削減額約206万円
    投資回収年数約8.75年

導入効果イメージ

システム概要図

システム導入の流れ

  • 1PLAN

    負荷調査
    電気設備図面作成

  • 2DO

    設備調査

  • 3CHECK

    スマートメーターによる計測

  • 4ACTION

    システム導入

  • 5CSR・BCPの実現

お問い合わせ

独立電源システム「パーソナルエナジー」、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギー設備についてのお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームからお願い致します。

※弊社では、設備や施工工事の「費用見積のみ」のお問い合わせには対応しておりません。(見積一括比較サイト等への掲載登録もお断りしております)