モニタインタビュー

我が家だけ、停電に気付かなかった。

一般家庭でも「オフグリッドなくらし」を選択する家庭は増え始めています。
しかし、まだ身近でオフグリッドを導入している例を知らないという方は、実例を「見たい・知りたい」と思われることでしょう。
電力の自給自足を実現するとどうなるのか、我慢をしたり不便を感じることは無いのか、従来の系統電力に依存する暮らしから何が変わるのか等、Reからお伝えすることもできますが、実際に導入している方の声を聞かれたほうが、よりわかりやすいと思います。
そこで、Reにて独立電源システム「パーソナルエナジー」を導入され「オフグリッドなくらし」を実践している愛知県の設置モニター唐澤様ご夫妻のインタビュー動画で「オフグリッドなくらし」の実際とご感想をそのままお届けします。


Re髙橋より

唐澤さまのお宅は山間部のため天候が変わりやすく、日照量にもバラつきがある環境(施工当日にも降雪あり)ですが、順調に稼働しています。ただし現在はバックアップ用として一応電力会社からの送電ラインも残してあり、太陽光で自家発電した電力の残量が少ない場合には、自動的に切替がされるように設定・コントロールしています。

風呂炊きや冬季の暖房に薪を使用されていることから一般的な家庭よりも使用される電力が少ない家庭ですが、電気使用量が多い家庭の場合でも、太陽光パネルやバッテリーを増設することで問題なく電気の自給自足が可能です。
パーソナルエナジーは、自分たちで作った電力を効率よく充放電できるようマネジメントできる独立電源システムです。

不意の停電や災害時の電源喪失の影響をうけず、いつもどおりに電気が使える生活を維持できるという大きなメリットがあります。

パーソナルエナジー本体は、爆発・火災の危険性がないため屋内に設置します。 一方、一般的な蓄電池は、爆発・火災の危険性だけでなく、強い電磁波を発生させるため、安全上、屋内設置はもちろん人や動物が活動する場所の近くに設置することはできません。

パーソナルエナジーは、感電防止や電磁波による影響が出ないよう配慮して作られているため、身近にあっても安全であり屋内設置が可能となっています。
その証拠に、動物は、電磁波の発生している場所を本能で察知し・嫌い・避けるものですが、唐澤様のお宅で飼われている猫は、パーソナルエナジーの上で、昼寝することさえあります。

そして、パーソナルエナジー本体は、鍵つきの堅牢なボックスに納められており、埃対策等も行ったうえで設置しますので、漏電による火災や好奇心旺盛なお子さんが誤ってシステム内部に触れてしまうような心配もございません。

お問い合わせ

独立電源システム「パーソナルエナジー」、太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギー設備についてのお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームからお願い致します。

※弊社では、設備や施工工事の「費用見積のみ」のお問い合わせには対応しておりません。(見積一括比較サイト等への掲載登録もお断りしております)